■タイ古式マッサージの歴史

タイ古式マッサージの起源は、今から約2500年前にさかのぼります。

タイ医学の歴史上の創始者は、ジーヴァカ・コマルバッカという北インドから来た医師で、修行僧の健康と瞑想のためにアーユルヴェータのプラーナ理論に基づくヨーガ技法を組み合わせた、二人が一組になって行うマッサージ法(ダブルヨーガ)を編み出しました。

彼は、当時お釈迦様であったゴータマ・シッタルダの友人であり、主治医であり、サンガというブッタを中心に形成された仏教僧集団の筆頭医師であった人物で「タイ医学の父」と呼ばれています。お釈迦様の入滅後、ジーヴァカの弟子達は、上座部仏教と共にこの身体に良い瞑想法である‘ダブルヨーガ’をタイにももたらしました。

そして、この身体に良い瞑想法、治療としての瞑想法は、タイ人には怠け者ヨーガ、気持ちの良い瞑想として受け入れられました。

その後、数次にわたるビルマ軍の侵攻による仏教寺院の破壊によって、ヌアボーラン(※)の貴重な資料は破壊され一時は衰退したものの、タイ政府衛生省に医療行為の一環として認められ行われるようになりました。大学病院等公的な医療機関でも採用されており、近年では科学的な研究でも効果が実証され、海外などでも注目されるようになりプロのボディワーカーだけではなく、医師や格闘家などにも多く受け入れられています。

※ヌア・ボーランとは…
タイ古式マッサージは、タイ語で「ヌアット・ボーラン」と言います。
マッサージするという意味の「ヌアット」と、古式・伝統的という意味の「ボーラン」が合せられて「ヌアット・ボーラン」となりました。

■タイ古式マッサージの考え方

タイ伝統医学では宇宙を構成する要素を4種類に分けています。人間の身体もその4種類の要素からできていると考えています。(土・水・風・火)

私達生命全体は、その4つの要素が合わさった[身体]+記憶・考え・心などの[精神]+体の中の流れ・各器官の機能や感覚を司る〔エネルギー〕、この3つで構成されていると考えてられています。

この身体の中を流れるエネルギーを『プラーナ』、プラーナが流れる経絡を『セン』と呼んでいます。タイ古式マッサージはこの『セン』という考え方のうえに成り立っています。

センの流れに障害や不調和が生じた時に、心身に悪影響を及ぼしてしまうと考えられているので、センの流れをスムーズにしバランスをとる為におこないます。プラーナの流れるセンは身体に72000本あり、その中の10本が全てのセンの基礎となります。そのうちの6本は足に集中しています。

インドのヨガの流れを汲んだストレッチは、身体全体に影響し柔軟性を高め、センおよびポイントに働きかけるものです。

マッサージの主な目的としては、そのセンとプラーナに刺激を与え、各器官の働きをよくし、気持ちの良い感覚を感じることにより精神に良い影響を与えていくことです。

センは目に見えるというわけではなく、昔の苦行者が修行をし、体の感覚を非常に鋭敏にしていき、その結果実感できたルートをセンとしたと考えられています。

■タイ古式マッサージの特徴

他の整体や整骨院とは違い、ずれた骨を元に戻すことが目的ではありません。体調を崩して足腰が重くなる原因の一つに関節のゆがみが起因するため、関節部分に運動と刺激を与えるヨガの考えに基づきました。

タイ古式マッサージは、眠くなるほどゆっくり行われます。これには理由があり、人間の心脈に合わせたリズムで行うことで本来のリラクゼーション効果得るためです。

もう一つの理由として、血流コントロールがあります。具体的には血管を圧迫し血流の循環を一瞬止めてゆっくり自然に戻す。この繰り返しによって血行を良くします。ドロドロだった血液がサラサラになり、血流が三倍近く早くなるので身体がふわっと軽くなる感じが得られます。このために、ゆっくりじっくり、時間をかけて行っていくことが重要になっていきます。

多彩なストレッチが魅力のマッサージ法で「二人でするヨガ」と呼ばれています。気の流れ、血行を促し‘コリにくい体質’にしていきます。自然治癒力を高め、心身のバランスを整え活力を回復させていくので「心から癒せる施術」として注目されています。

ストレッチをしながらもみほぐしていくので効果も高く、揉み返しもおきにくいといわれています。

Return to page top