Home > ブログ > 水無月

水無月

6月ですね(^O^)
6月といえば梅雨のイメージですけど、
今日は気持ちのいい晴れ間が広がってますね~

もう1年の半分に差し掛かったなんて、
ほんと時が経つのは早いです。

6月って、なんで水無月なんだろう?って思いません?
梅雨の時期だし、むしろ水で溢れ返るんじゃ…って思って、
早速調べてみましたヽ(・ω・)ノ
基本的に旧暦で考えるんですね~

① 梅雨が明け水が涸れてなくなる時期だから。
② 田植えが終わり田んぼに水を張る時期だから。
   水張月(みづはりづき)→水月(みなづき)
③ 水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」なので、水の月。
③ 田植えをし終えた時期だから、皆仕尽(みなしつき)

とか…色んな意味があるらしいです。
当て字みたいなところもありますけど、
日本語って、掘り下げていくと色んな由来があったりするので
けっこう面白く、好きです。

そういえば、海外でも6月はジューンブライドと呼ばれて
結婚式シーズンでもありますね!

これはローマ神話からきているらしいのですが、
ユピテルさんて人の奥さんがユノ(ジュノー)さんていう人で、
ユノさんは、6月(June)の由来の人であり、
結婚生活の守護神なんだそうです。

なので、6月に結婚式を挙げる花嫁をJune brideと呼び、
この月に結婚をすると幸せになれるといわれるようになったそうです。

なかなか深い?ですね~

ちょっと憂鬱になってしまいそうな時期ではありますけど、
過去の色んなエピソードに思いをはせたりしてみると
意外といいお話に出逢えたりするので
あながち憂鬱なことばかりではないかもしれませんよ~

雨は恵みでもありますしo(^-^)o
水を大切にしないといけませんね。

だいぶ暑くなってきましたので、皆様のお身体にも
充分な水を与えてあげてくださいね(^-^)ノ~

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > ブログ > 水無月

Search
Feeds
Meta

Return to page top